スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

J1第7節 札幌vs川崎

2017.04.17(19:57)

4/16 今シーズンの初観戦です
20170417192453502.jpg


今シーズンの目標は、何がなんでもJ1残留。
もし降格するにしても残留争いには参加して欲しいです。
前回のJ1シーズン(2012年)は残留争いも出来ずにぶっちぎりの最下位だったのでね。
20170417192316a75.jpg


結果は1-1のドロー。
強豪フロンターレ相手にいい試合でしたぞ。
中村憲剛を見れたのが地味に嬉しかったです。
201704171922474a0.jpg


第7節終了時点で15位。
J1は敵チームにオレでも知ってるような有名選手がいるので見てて楽しいですなあ。
20170417192543a17.jpg

スポンサーサイト

金谷展雄 『イギリスの不思議と謎』

2017.04.13(18:20)

金谷展雄 著 イギリスの不思議と謎(集英社新書/2012年刊) を読む。
2017040821454184a.png
イギリスは一般に礼儀としきたりを重んじる保守的な国と思われている。
しかし実際は、今も昔も伝統を守りながら、どんどん新奇なものを受け入れる国である。
紳士を尊重する一方でフーリガンが存在したり、ミニスカート発祥の地であったり、茶樹がないのにアフタヌーンティーの習慣が根付くなど、さまざまな不思議を抱えているのだ。
本書では、多くの人を惹きつけるイギリスの謎を解き明かす!


タイトルから想像した内容とはちょっと違っていたのだが、まあ文章も読みやすいし概ね良かった。
方言についての解説は興味深く読んだ。
地域的な方言のみならず、“階級方言”まで現在においても普通に使用されているというのはなかなか面白い。
日本で武士言葉を日常生活で話すおっさんがいたら、笑ってしまってまともに会話する自信がないが、今でも階級社会であるイギリスでは普通なのだろう。

スコットランド、ウェールズ、北アイルランドと、イングランドとの複雑な関係性については、もっと詳しく知りたいと思った。
サッカーやラグビーの時以外は、一個のかたまりとしてイギリスを認識しがちだが、各々の地域の歴史的背景を深く知れば、イギリスへの理解度が増すことであろう。
(2017.4.7読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン


2017年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. J1第7節 札幌vs川崎(04/17)
  3. 金谷展雄 『イギリスの不思議と謎』(04/13)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。