2016年6月読了本

2016.06.30(18:31)

〔文庫本〕1冊
荒巻義雄 『黄河遺宝の謎を追え!』(徳間文庫)

〔図書館本〕1冊
矢野隆 『』(徳間書店)

今年も残すところとうとう半分になってしまいました。
前半戦はあまり読書もはかどらず、記事の更新も減少し、なじみのブログ様への訪問もできてないというありさま。
後半戦は更新頻度を高めよう!とは思ってみたものの、これから夏本番なので、よりグダグダしそう。
よって、秋から頑張ります。

スポンサーサイト

濃いめのカルピス

2016.06.14(18:12)

濃いめのカルピス

濃いめの「カルピス」に宮古島の「雪塩」をひとつまみ加え、夏にぴったりのすっきりした後味に仕立てました。



カルピスウォーターに比べたら確かに濃い味になってる。
だがしかし!
痰が絡むような喉への引っかかりが無いのに「濃いめ」を名乗るのは、世間様が許しても私は認めるわけにはいかないのだよ。


荒巻義雄 『黄河遺宝の謎を追え!』

2016.06.13(18:21)

荒巻義雄 著 黄河遺宝の謎を追え!(徳間文庫/1994年刊) を読む。

“八光電子”二代目社長・江尻好久の首無し死体が札幌のホテルで発見された。
現場には犯人のメッセージらしき奇怪な記号と麻雀牌の緑発が残されていた。
生前、好久から父久蔵の謎の死について相談を受けていた伝奇作家・牧良男は手掛かりを求め、中国・安陽の殷墟を訪れたが、そこで旧陸軍大尉だった久蔵の意外な事実を知る。
中国古代帝国殷の遺物・甲骨文に秘められた事件の真相とは?


著者のこの手の伝奇推理物は、いつもミステリー部分がちょっと弱い。
だが伝奇についての話がとても面白いので、一応調和は取れている。
オレとしては、いちいちミステリーを絡めなくても良いと思うのだが、著者が描きたいのか編集部の意向なのかわりと発表本数あるのよねえ。

今作品のテーマは“古代殷人が北海道に来た?”
殷の時代は、日本では縄文時代。
なんとロマンあふれる話題であろうか。
実際、岩内に殷代の甲骨文字が彫られた岩があるそうな。
オレは以前勤めていた会社で年に2回くらい岩内方面に出張していたのだが、当時この話題を知ってたら絶対見に行ってたなあ。
北海道にもわりと古代の遺物が発掘されているので、爺さんになったらあちこち見に回ってみたい。
(2016.6.8読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン


矢野隆 『兇』

2016.06.08(18:35)

矢野隆 著 (徳間書店/2011年刊) を読む。

幕末の京。
天誅と称する要人暗殺が、尊皇攘夷を叫ぶ若き武士たちによって行われていた。
剣の腕に覚えのある旗本の次男・水上守弥は、内偵のため江戸から派遣される。
守弥の前に立ち塞がるのは、「人斬り以蔵」と恐れられた土佐藩の岡田以蔵。
以蔵と死闘を繰り広げるなか、守弥は自分の内側に眠る「人斬り」の欲望に目覚めてしまう。
このまま、自分は以蔵と同じ獣に堕ちてしまうのか。出口を見つけられず恐れおののく守弥。
一方、以蔵は守弥の大切な人たちに襲いかかる・・・


帯の惹句に“スピード感MAXの剣戟場面は圧巻!”とあったのだが、いざ戦闘が始まると、わりと説明的な文章で正直スピード感は感じられなかった。
主人公が絶体絶命のピンチになると、目の前が紅に染まり、超高速の動きになる設定があるのだが、主人公目線での描写なので、敵の動きが緩慢になるからむしろスピード感は皆無になるのだよね。

岡田以蔵との闘いを通して、自己を理解していくという成長物語なのだが、ちょっと深みが足りないですな。
何というか文章が軽いので、そういった意味ではスピード感MAXで読んでしまえる。
ストーリーに不満があるわけでは無いのだが、ちょっとオレには合わなかったです。
(2016.6.7読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン


J2第16節 札幌vs千葉

2016.06.06(20:15)

数年ぶりにスタジアム観戦してきました。



結果は2-2のドロー
fc2blog_201606061945452d5.jpg


稲本の負傷退場でバタバタしてる間に2点取られてイヤな雰囲気になったが、ここから追いつくあたり、今年は去年までとは違う感じ。
16節終了時点で首位キープ。
まだ半分も終わってない長丁場のJ2リーグですが、久しぶりのJ1復帰を意識してもいい位置なのではなかろうか。
fc2blog_2016060620010546a.jpg


今年はもう一回くらいは観に行きたい。



2016年06月

  1. 2016年6月読了本(06/30)
  2. 濃いめのカルピス(06/14)
  3. 荒巻義雄 『黄河遺宝の謎を追え!』(06/13)
  4. 矢野隆 『兇』(06/08)
  5. J2第16節 札幌vs千葉(06/06)