2016年3月読了本

2016.03.31(18:45)

〔文庫本〕1冊
筒井康隆 『おれに関する噂』(新潮文庫)

年度末ですねぇ。
今月は文庫本一冊しか消化できず。
読書感想文以外にブログに載っける話題もあるのに、ブログ更新もせず。
お馴染みさまへのブログ訪問も滞りがち。

よく考えると、特に年度末に関係なく無気力になっているようだ。
果たして来月以降、是正されるであろうか。

スポンサーサイト

筒井康隆 『おれに関する噂』

2016.03.28(18:49)

筒井康隆 著 おれに関する噂(新潮文庫/1978年刊) を読む。

テレビニュース・アナが、出し抜けにおれのことを喋り始めたーーー
「森下ツトムさんは今日、タイピストをお茶に誘いましたが、断られてしまいました」。
続いて、新聞が、週刊誌が、おれの噂を書きたてる。
なぜ平凡なサラリーマンであるおれのことを、マスコミは騒ぎ立てるのか?
黒い笑いに満ちた表題作ほか、あなたを狂気に誘う11篇。


本作品集は、1972 ~74年にかけて小説新潮やオール読物や小説現代などに掲載された話を収録している。
なので、ガッチガチのSFというよりは、ホラーっぽい話や不条理系な感じの作品群となっている。

表題作の『おれに関する噂』はマスコミの在り方について批評しているが、マスコミの体質というのは本作品が発表された時代から今になっても変わらずゲスいのは、直しようが無くそういう業界なのだろう。

『だばだば杉』は夢を見て、夢と現実がごっちゃになる話。
夢がテーマの話をするならまさしくこうあるべきという、肉欲全開な話。
筒井康隆はいつの時代も筒井康隆なのがとても嬉しい。
(2016.3.17読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン


ガールズ&パンツァー 劇場版

2016.03.01(20:26)

息子に誘われて観てきました。

ガールズ&パンツァー 劇場版

「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。
2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定。
TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車道チームが、今度は何のために戦うのか?


TVシリーズは未見だったのだが、本篇が始まる前に『3分ちょっとでわかる‼︎ ガールズ&パンツァー』というTVシリーズのあらすじ紹介があったので、一応主人公グループは覚えた。
話は美少女が戦車で戦うというもので、登場する美少女たちを愛でていれば自然とストーリーは把握できるので気楽に観れた。

登場人物がえらい多いのであまり印象に残ってない人もいるが、気に入ったキャラクターはカチューシャ生徒会長であった。
…ということを息子に話したら「父さんガチじゃん」などと言いやがったのだが、確認させてください。
私、けっしてロリコンなわけでは無く、気に入ったキャラクターが“たまたま”ロリ体型であっただけだということを。
それはさておきTVシリーズも観ようと思った。


来場者プレゼントのポストカード
カチューシャ(とノンナ)だったので地味に嬉しかった


4DXを始めて体験したのだが、あれはなかなか面白いねえ。
椅子が揺れると酔うかと思ったが大丈夫だった。
それにしても今時の映画館は座席にゆとりあって楽に座れてよいね。


ガールズ&パンツァー 劇場版
監督:水島 努
脚本:吉田玲子
考証・スーパーバイザー:鈴木貴昭
キャラクター原案:島田フミカネ
キャラクターデザイン/総作画監督:杉本 功

声の出演
渕上 舞/茅野愛衣/尾崎真実/中上育実/井口裕香/福圓美里/高橋美佳子/植田佳奈/菊地美香/吉岡麻耶/桐村まり/中村 桜 他 


2016年03月

  1. 2016年3月読了本(03/31)
  2. 筒井康隆 『おれに関する噂』(03/28)
  3. ガールズ&パンツァー 劇場版(03/01)