2014年11月読了本

〔文庫本〕1冊
田中啓文 『蠅の王』(角川ホラー文庫)

読みにくい本を読んでたので今月は一冊。
12月は年の瀬なので、やっぱり読めなさそう。
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

だれかが口笛ふいた

だれかが口笛ふいた ならの木のかげでさ

だれかが足音たてた さわやかな朝だ

くりの花白い 山道をゆけば

青空のしたの 世界はすてきだ

みんなで聞いてごらん

そよふく風の音を

みんなで見てごらん

ひかる若葉のみどり



小学生のとき習った曲。
歌詞を読むと、さわやかないい曲だと思うのです。
だがメロディーがねぇ、オレには哀しく感じるのですよ。
なので、この曲を聞くと、何かとても大きい不幸を背負った少年が、それでも前を向いて生きていこう、という歌に聞こえてしょうがない。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

田中啓文 『蠅の王』

田中啓文 著 蠅の王(角川ホラー文庫/2008年刊) を読む。

ある遺跡で無数の赤子の骨と、一つの壺が発見された。
その封印が解かれたとき、人類は未曾有の危機を迎えた。
突如、東京では児童殺人が頻発し、そこには必ず虫が大量発生する怪現象が・・・
その最中、ひとりの少女が実に覚えのない妊娠をした。
頭の中では、自分の子を産み〈ベルゼブブ〉からこの世を救えという声が響きわたる…


起承転結のうち、起~承の進み具合がいやにもったりして、なかなか読書がはかどらなかった。
それに、大人になってからめっきり苦手になった(蛾は子どもの時からだが)昆虫がふんだんに登場する物語だったので、気色悪くて。
大量の蛾が鱗粉を撒き散らし、人びとの皮膚を腫らしたり爛れさしたりする場面を読んだときは、オレも身体が痒くなった。
著者ならではの、執拗でネチっこい表現は本当に気持ち悪い。

ヨハネの黙示録、隠れキリシタン、昆虫宇宙飛来説、新興宗教、悪魔崇拝など、「月刊ムー」の特集記事的な話題満載で、物語の後半になるとテンポがよくなりスムーズに読み進めることができた。

田中啓文氏は、いろんなものの種類を羅列するのが好きな作家で、オレはそれを読むのが好きな読者なのだが、今作品では、昆虫の種類や隠れキリシタンへの拷問の種類を、腹立たしくなるほど羅列していて面白かった。

出てきた昆虫の種類の一部に、カミココガネ、コウテイカブト、ライオンコブムシ、ドウクツツチハンミョウ、ヒトダマコオロギ…ってのがあったが、仮面ライダーに登場する怪人みたいでカッコいい。
どっちかというとV3に出てきそうか。
(2014.11.13読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : ホラー
ジャンル : 本・雑誌

いきいきごんぼZ 第3巻

陸井栄史 著 いきいきごんぼZ 第3巻(秋田書店 少年チャンピオンコミックス/2013年刊)購入。
いきいきごんぼZ3

3巻のカバー表紙は竹林椿(通称ちんちくりん)ちゃん。
この娘は、ちょっとしたことでも爆笑してくれるとてもいい子です。

『Z』も3巻に突入して、今まで絡みのなかったクラスメイトとの描写があったりして、どんどん楽しくなっている。
 
リビドーが、委員長とちょっと会話が出来たことを物凄く喜んでいる場面を読んだりすると、自分の中学時代のことが思い出されて気恥ずかしくなったりもする。
クラスメイトの八尾治郎(通称おやっさん)が、イマキマキーとちょっと手が触れたり、コミュニケーション取ったりしたときに異常に喜んだりするところを読むと、懐かしく思ったリするが、当時、そういうことがあっても表に出さないようにしていたつもりであるのだが、端から見てたら丸わかりだったのだろうなと思うとスゲー恥ずかしい。

この作品は、ギャグマンガとしてのレベルは高いものがあるが、大人が読むと自分の黒歴史をちょいちょい思い出す恐れがあるので、気持ちに余裕がない時に読むと心がへし折れてしまうかもしれない。

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

濃いめ ピンクグレープフルーツ&カルピス

カルピスフルーツパーラー
濃いめ ピンクグレープフルーツ&カルピス
ピンクグレープフルーツカルピス

グレープフルーツの酸っぱ苦さが程良く、美味し。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

筒涸屋

Author:筒涸屋
札幌市出身・在住
戌年 射手座 B型 
右投右打 右四つ
好きな言葉:小春日和
2008.3.6開設

sidetitleブログランキングsidetitle
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる