2012年1月読了本

2012.01.31(20:33)

〔文庫本〕2冊
モーリス・ルブラン 『緑の目の令嬢』(創元推理文庫)
五味康祐 『続 色の道教えます』(徳間文庫)


1年の始まりから読了本2冊て。
今年も読書不調なのだろうか・・・

スポンサーサイト

五味康祐 『続 色の道教えます』

2012.01.25(17:56)

五味康祐 著 続 色の道教えます(徳間文庫/1990年刊) を読む。
続 色の道教えます
裏店の先生月瀬右馬丞、実は老中の密命で浪人に身をやつし、諸大名・旗本の動静を探る、歴とした松平家の次男坊・松平豊三郎。
その先生がある日、お衿と五郎太に、老中の書簡を携えた無刻飛脚として、将軍家献上の御茶壺の道中奉行石尾阿波守に喧嘩を売れと命じた。斬首覚悟、なぜ先生は?
市井には石尾阿波守、奥女中を相手の淫靡な嗜癖ありとの噂が流れていた――(「壺泣かせ」)
色道に武士道を見る痛快時代小説。


性にまつわる話題を集めた連作短篇集。
一応、松平豊三郎が主人公として登場するのだが、エピソードによっては豊三郎がまったく出てこない話もある。
各篇とも非常に短く、とても読みやすいのだが、あまりに短すぎて結局わけが解らないというような話もあった。

「早乗り」というエピソードでは、大聖寺藩の“別式女”という、女性の武芸指南役の紹介をし、その別式女と藩士が道場にて立合いしてる所を目撃した松平豊三郎によって、大聖寺藩二百三十有余年の治世を通じて、唯一の疑獄事件が明るみに出る―― 何がなんだか解らなかった。

「壺泣かせ」という話は、旗本の間で流行った遊びにまつわるものだが、まあ、この遊びがエゲツない。
湯文字ひとつで四つ這いになり、前後左右に腰を振り動かす女を、後方から狙って槍で突くのだ。

「猫ぐるま」という話は、大垣藩を浪人した原田久右衛門夫妻の仲睦まじさを紹介した話。
なのだが、最後に猫ぐるまによって、奥方が絶叫するという・・・
猫ぐるまとは、あの、工事現場なんかでよく見かける一輪車のことです。
どういう体位かは分かるでしょ?

そのほか、人情話、滑稽話、剣術譚等々、バラエティに富んだ短篇集であった。
(2012.1.21読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

クリアファイル購入

2012.01.20(22:59)

先日、クリアファイルを買いました。

別に、はさむ書類などは何もないんだけどね。


どんなのを買ったかというと、あれです。
先日ちょっと触れた(この日の記事の追記のやつ)あれです。






織田信奈!
表


裏面にも魅力的なキャラがいろいろ
裏


ちょっと調べたら、GA文庫からすでに既刊7冊も出てるそうで。
GA文庫はノーマークだったから知らんかった。
織田信奈の野望

当然、文庫本は集めることに決定です。

モーリス・ルブラン 『緑の目の令嬢』

2012.01.06(21:43)

モーリス・ルブラン 著 石川湧 訳 緑の目の令嬢(創元推理文庫/1973年刊)【LA DEMOISELLE AUX YEUX VERTS:1927】 を読む。
緑の目の令嬢
サファイヤのように澄んだ瞳をもつ令嬢、街角で心ひかれた女性のために、たちまち怪事件に巻き込まれたラウール。
特急列車殺人事件、別荘強盗事件、ホテルでの恐喝事件へと発展していくなかで、彼はついに相次ぐ事件の謎と、青い目の女性の陰に隠された恐ろしい秘密を嗅ぎつける。
ラウールこと、何を隠そうアルセーヌ・リュパンは敢然とその渦中に飛び込んで謎を究明するが、一時は、さしものリュパンも手こずって途方にくれる難事件!


今年最初の読了本。
なんでも『ルパン三世 カリオストロの城』の元ネタの一つになってるとのことだが、
・湖の水がひくとローマ遺跡が現れる
・ヒロインの心が盗まれる

くらいしかアイデアとして採用されていないようだ。
まあもっとも、ヒロインの心を盗むのは、この作品に限らずいろんな話で盗みまくってるので、実質的にこの作品からのモチーフは、ローマ遺跡のエピソードだけであろう。

本作は、殺人現場に現れた「緑の目の令嬢」が、どう事件に関わっているのかを解明することで、物語としては終了しているのだが、その後のリュパンの冒険を描くことでボリュームを持たせている。
人格的に問題のあるマレスカル警視を、とことんからかったり、敵対する強盗に自分の正体を明かして恐れ入れさせたり、犯罪界におけるリュパンの大物ぶりを遺憾なく発揮している。
超人的なリュパンの活躍ぶりが目立つ冒険譚であった。
(2012.1.2読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

文庫本備忘録2012.1.1

2012.01.01(11:58)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

おかげさまで厄年を無事通過。
今年は後厄です。
自分としては本厄をなにげに通り過ぎることができたので、後厄も淡々と過ごせればと思う次第。



2011年読了文庫本~33冊
2011年購入文庫本~10冊
2012.1.1現在未読文庫本~295冊




2012年01月

  1. 2012年1月読了本(01/31)
  2. 五味康祐 『続 色の道教えます』(01/25)
  3. クリアファイル購入(01/20)
  4. モーリス・ルブラン 『緑の目の令嬢』(01/06)
  5. 文庫本備忘録2012.1.1(01/01)