森雅裕 『会津斬鉄風』

森雅裕 著 会津斬鉄風(集英社文庫/1999年刊) を読む。

会津に逗留する漂泊の刀装金工・河野春明は、彼の作とされた寸分違わぬ二枚の鐔に遭遇する。
流転を重ねたこれらの鐔の真贋をめぐって、老金工の意地と若き刀匠の誇りがぶつかる。
謎を斬り、鉄をも断つ激浪の風が会津から京、箱館へと吹き渡っていく。
和泉守兼定、佐川官兵衛、唐人お吉、土方歳三、時代の波間に泡影のような花を咲かせた男女の数奇な出会いが織り成す連作歴史抒情詩。


全五話からなる連作短編集。
作者の時代小説を読むのは初めてだが、なかなか面白かった。

会津斬鉄風
刀の鐔などを製作する金工の名人・河野春明の話。
江戸弁の春明と、滞在先の会津の弟子の会津弁の、会話の流れの悪さが面白い。

妖刀愁訴
会津藩お抱え刀鍛冶・十一代和泉守兼定作の刀に纏わる話。
ある会津藩士が長州の密偵であるという疑いが起き、兼定が成り行きで捜査する。
聞き込みや推理など、警察小説のような描写が幕末の殺伐とした雰囲気と相まって、とても緊張感のある話だった。

風色流光
会津藩士佐川官兵衛の生き様。
名の知れた幕末の武士は、いちいちカッコいい。
新選組や土佐藩士との交流も描かれ、戊辰戦争前夜の慌ただしくて灰色がかった印象の一編。
そんな中、唐人お吉の登場が彩りを与える。

開戦前夜
お吉が主人公の一編であるが、満を持して登場の土方さんのカッコよさにしびれる。
一言二言の短い会話なのに圧倒的な存在感。
やっぱ幕末といえば土方さんですわ。

北の秘宝
一転、蝦夷地上陸後の土方さん、変わらずカッコいいのだが、どうしても「死」を求めて闘ってる印象が強い。
でもやっぱり、あそこで戦死したことで永遠のヒーローとなったんだよねえ。
(2016.1.19読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

荻原浩 『オロロ畑でつかまえて』

荻原浩 著 オロロ畑でつかまえて(集英社文庫/2001年刊) を読む。

人口わずか300人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。
超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった!
ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロダクション、ユニバーサル広告社。
最弱タッグによる、破れかぶれの村おこし大作戦「牛穴村 新発売キャンペーン」が、今始まるーーー


ユーモア小説は、あれこれ考えずにサクサク読めるのがいいところ。
本書も、ドタバタした面白エピソードを楽しく読ませる良質なコメディであった。
オレも一時期身をやつしていた業界の話であったので、共感する場面がそこそこあり、より面白く読めた部分もある。
キャンペーンに向けての準備期間がとても楽しそうであった。
こういうのはホント準備の時が一番楽しいんだよなあ。
結局目論見自体はとっ散らかって終わってしまったが、牛穴村の村びとたちは幸せに暮らしていけそうで何よりである。
(2015.11.7読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

筒井康隆 『あるいは酒でいっぱいの海』

筒井康隆 著 あるいは酒でいっぱいの海(集英社文庫/1979年刊) を読む。

化学実験中、おれの作ったとんでもない薬を、父は海に落としてしまったらしい。
海全体が、ぼこぼこと沸き返った。
16がC12になるとどうなるか!?
C2H5OH……酒だ!世界中の海が酒になっちまう。
やがて連鎖反応を起こして、川を上り、湖に沼に、さらには貯水池に……。
ブラックユーモアの鬼才の原点を示す短編傑作集。


著者のキャリアの中でかなり初期に発表された作品群。
思ったよりえげつない話は無く、比較的落ち着いた語り口の話が多い印象。

『トンネル現象』は、自宅の押入れと会社のロッカーがつながる話。
通勤時間の短縮ということしかメリットはないが、こういう、どこでもドア的な話は好き。

『スパイ』はライバル会社がお互いにスパイを潜入させている設定。
この作品はショートショートだが、もう少し長い話にしたら、かなりドタバタ話にできるのではなかろうか。

『善猫メダル』は、この作品集中最もブラックな作品。
一定のテストに合格すると善猫メダルが貰えるのだが、貰えない猫は殺されても仕方なく、報奨金すら出るのだ。
そして猫だけでなく、犬もそういう対象。
さらには人間の子供も…という話。

『ケンタウルスの殺人』はSFミステリー。
被害者の情婦や宇宙人やアンドロイドが容疑者になるも捜査は行き詰まる。
誰が犯人か解らないまま話は終わるが、巻末に『「ケンタウルスの殺人」解決篇』があり、真相を読むと真面目なミステリーファンは恐らく怒るであろうなあ。
(2015.10.28読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : SF
ジャンル : 本・雑誌

小林信彦 『地獄の観光船』

小林信彦 著 地獄の観光船 コラム101(集英社文庫/1984年刊) を読む。
地獄の観光船
“地獄の観光船”が暗闇の川をさかのぼる。
行く手には巨大なスクリーン。
小林旭が、マルクス兄弟が、映っては消え、また映る。
だが、ただ眺めているだけではいけないのだ。
人が生きるに仁義が要るように、映画を観るにも思想が不可欠―――映画、演劇、TVなど、視聴覚文化全体を斬りまくる<コラムによる'70年代同時代史>


本書は、1977年~1981年春までキネマ旬報に連載されたコラムをまとめたものである。
映画についての話題は、作品観賞から、映画館について、字幕の話、苦情など多岐に渡るので面白いしためになる。
作品についての感想なんかは、今でも有名な作品から、全然知らないものまで色々紹介しているので、なかなか興味深い。

自分が好きな作品について、ちょっとしたウンチクが語られていたりすると、再見する時の参考になる。
例えば『タクシードライバー』でトラヴィスが初デートでポルノ映画を観に行くくだりがあるのだが、あれはトラヴィスが非常識だとか変態だとかというわけではなく、高級な映画館なんだそうである。
女の子を楽しませたいがその方法を知らない、屈折した世間からズレた人物だというのを表わしているエピソードになってたんだねえ。

映画以外にも、演劇やテレビ番組や著者の日記的なものまで、'70年代後半~'80年代初頭のあれこれを記しているので、今読むと、なかなか味わい深い。
ちょうど漫才ブームが起こったころなので、お笑いの話とかもしていて、漫才師の名前が出たりもしているが、今ではもう知らないコンビが紹介されていたりもして、哀れさも感じたりもするのであった。
(2013.1.21読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

田中啓文 『ハナシがちがう!』

田中啓文 著 ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺(集英社文庫/2006年刊) を読む。
ハナシがちがう!
上方落語の大看板・笑酔亭梅寿のもとに無理矢理弟子入りさせられた、金髪トサカ頭の不良少年竜二。
大酒呑みの師匠にどつかれ、けなされ、逃げ出すことばかりを考えていたが、古典落語の魅力にとりつかれてしまったのが運のツキ。
ひたすら我慢の噺家修行の日々に、なぜか続発する怪事件!
個性豊かな芸人たちの楽屋裏をまじえて描く笑いと涙の本格落語ミステリ。


全7篇収録の短篇集。
一話ごとのタイトルが古典落語の演目になっていて、物語の内容もそれにちなんでいるというのが、芸が細かい。
主人公の竜二が興味もない落語を始めて、だんだん芸に目覚めていくという成長譚なのだが、毎回事件が起こって竜二が解決するミステリーにもなっていて、なかなか面白かった。
金髪でトサカ頭というファンキーなスタイルの竜二であるが、意外に真面目に落語に向き合う姿が好感もてる。
師匠の笑酔亭梅寿がかなり破天荒な人物なので、相対的に竜二が普通の兄ちゃんに見えるところもあるが。
落語家の弟子の生活が細かく描写されたりして、いろいろ興味深かった。
この作品に限って言うと、スマートに描かれすぎていて、いつもの著者のノリが薄いのがちょっと不満。
(2012.11.7読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

我孫子武丸/田中啓文/牧野修 『三人のゴーストハンター』

我孫子武丸/田中啓文/牧野修 著 三人のゴーストハンター 国枝特殊警備ファイル(集英社文庫/2003年刊) を読む。
三人のゴーストハンター
普通の警備会社が恐れをなした怪異現象がらみの事件ばかりを扱う国枝特殊警備保障。
生臭坊主・洞蛙坊、美貌の霊媒師・比嘉、反オカルト科学者・山県の3人が個々の特殊能力を発揮して、都市の魑魅魍魎に挑む――
やがて彼らは、自分たちを結びつけた4年前の幽霊屋敷事件の真相に・・・・・・!
異才、鬼才、天才の終結が生み出す三通りのマルチエンディング付セッションノベル。


この三名の中で、今まで読んだことのある作家は田中氏だけ。
我孫子氏や牧野氏の作品は読んだことがないだけに、楽しく読めるかどうか不安だったが、とても楽しく読めた。
いずれの作家も、持ち味の作風で競演したようだ。
田中氏はSF伝奇的な内容。牧野氏はサイコホラー。我孫子氏は本格ミステリー。

田中~牧野~我孫子のローテーションで3篇ずつの話が語られ、その9篇を踏まえた形で3種類の解決篇が語られる。
同じ世界観の中で、作風の違う話が読めるので読者としてはとてもお得だ。
田中氏は(ちょっと抑え目ではあったが)、安定したエログロ路線。
牧野氏の描写は気持ち悪くてよかった。
我孫子氏の推理物はちょっとムリクリ感があったが、作品世界を壊すようなものではなかった。
そして三つの解決篇の中では、我孫子氏の話が一番面白かった。

これを機会に、我孫子・牧野両氏の本も集めたくなったのであった。
(2012.2.12読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

清水義範 『日本語の乱れ』

清水義範著 『日本語の乱れ』(集英社文庫/2003年刊) を読む。
日本語の乱れ
日本語に未来はあるのか?
ラ抜き言葉、意味不明な流行語、間違った言葉遣い、平板なアクセント、カタカナ語の濫発・・・・
日本語の現状を憂う聴取者からの投書の山にディレクターは圧死寸前!?(「日本語の乱れ」)
その他、比喩の危険性、音声入力の可能性と限界、宇宙を蹂躙する名古屋弁など、言葉をテーマにした傑作12篇収録。


『日本語の乱れ』
ラジオ番組で気になる日本語の乱れについての投書を募ったところ、主に年寄りからの反響が大きく、その内容を紹介する物語。
この中に出てくる言葉遣いの間違いは、自分にも思い当たることが多く、地味に勉強になった。

『宮事記』
古事記や日本書紀をパロディした作品。
全篇バカバカしくて意味がないのが楽しい。

『二〇〇一年宇宙の恥』
名古屋人のオヤジ4人が宇宙旅行に行く話。
名古屋弁というのは、字に書いているのを読むだけでもとてもうるさい(笑)
多分ネイティブな名古屋人と会話したら、ほとんど何言ってるかわからんのだろうねえ。

『学習の手引き』
国語の教科書を思いっきりおちょくってる作品。
こういう系統の作品は清水氏の真骨頂だと思う。
対象となるものに対して攻撃的に笑い飛ばす感じがよい。
(2010.7.28読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

京極夏彦 『どすこい。』

京極夏彦著 『どすこい。』(集英社文庫/2004年刊) を読む。
どすこい。
地響きがする――と思っていただきたい・・・・・
相撲取りの討ち入りを描く「四十七人の力士」、肥満ミトコンドリアが暴れる「パラサイト・デブ」など、数々の名作を下敷きにパロディの極北を目指したお笑い連作巨編。
全篇デブのちゃんこ盛り!


この本、真冬に読んでよかった。
真夏だったら暑苦しくて、夏が苦手なオレには耐えられんかった。
どの話もデブばっかだもんね。

この作品集でパロディされてるもので、オレが読んだことがあるのは「リング」「らせん」だけであるのだが、別に世界観を踏襲しているわけではなく、タイトルをダジャレっているだけなので、原典にあたる必要もなく楽しめる作品であった。
前の話の作者が次の話の作中人物になっていたりして、けっこうややこしいのだが、全篇にわたって強引なギャグの連発であり、ただただ笑いながら読み進めればよいという構造はありがたい。
各話に登場する、破壊的なツッコミを入れる女性編集者、けっこうタイプだわあ。
(2010.2.9読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 読書ノウト
ジャンル : 本・雑誌

筒井康隆 『馬は土曜に蒼ざめる』

筒井康隆著 『馬は土曜に蒼ざめる』(集英社文庫/1978年刊) を読む。
馬は土曜に蒼ざめる
眼が醒めたら、とにかく馬になっていた。
まぐさがこんなにうまいものとは知らなかった。
交通事故のため、おれの五体はぐじゃぐじゃで、脳はサラ四歳馬ダイマンガンに移植されていた。
大穴ねらいにダービー出場を決めたが、まだ馬の肉体に馴れていなかった。
表題作含め全8篇収録。


『馬は土曜に蒼ざめる』は、出だしはカフカの『変身』風に始まっておいて、そのあとは全篇ドタバタ。ともすれば、こういう話の結末って“夢から醒めた”的なものになりがちだが、ハッピーエンドに仕立てている。この時期の作者、実生活では絶不調だったのかね(笑)

『空想の起源と進化』では、原始人のセリフにかこつけて私小説を攻撃。「自分の身のまわりのことを人に話すなんてのは、創造なんかじゃない」「空想こそ創造の原動力である。実際あったことを語るなんてことは、子供にだってできるのである」などなど。こりゃー、敵に回すよね。

『横車の大八』は落語小説。何にでも横車を入れる大工の大八さんが面白い。ただオチがちょっとおとなしいのが残念。

この本に収録の各作品の初出は、いわゆる中間小説誌であるのでSF臭は薄いけれども、ドタバタがあったり皮肉をきかせたり、なかなかにぎやかで楽しい作品集であった。
(2009.12.10読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

高橋克彦 『天狗殺し』

高橋克彦著 『完四郎広目手控 天狗殺し』(集英社文庫/2003年刊) を読む。
天狗殺し
巷の噂を売り買いし、瓦版を発行して一儲けする江戸の広告代理店・広目屋「藤由」。
そこに居候する剣の達人・香冶完四郎と戯作者の仮名垣魯文が、尊皇攘夷の風が吹き荒れる京の都の世情を取材しようと旅立った。
道案内に雇われたのは、土佐藩の若き武士・坂本龍馬。
行く手に降りかかる数々の怪事件に完四郎の推理と剣が冴える人気捕物帖シリーズ第2弾!


前作『完四郎広目手控』の最終話から3年近く過ぎた安政5(1858)年が、今作品の舞台。
江戸で剣術修行を終え、土佐に帰郷する坂本龍馬を旅の道連れに、京都へ向かう完四郎と魯文。
道中での魯文の“うっかり八兵衛”ぶりが愉快。
龍馬の強さも描写されてなかなかよい。
完四郎は相変わらず頭も剣もキレキレであくまでかっこいい。
第3弾を読むのがとても楽しみ。
(2009.7.18読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 時代小説
ジャンル : 本・雑誌

筒井康隆 『国境線は遠かった』

筒井康隆著 『国境線は遠かった』(集英社文庫/1978年刊) を読む。
国境線は遠かった

赤坂の高級マンションの地階にあるレストランで出会ったしのぶちゃんこと、ヌートリア国王第六夫人の部屋に誘われ、脱いだ背広を入れようと、タンスを開けた“おれ”は驚天した!
中は南国の太陽がギラつくアラビアの砂漠地帯。空間が歪んで東京とヌートリアが位相幾何学的トンネルでつながっていたのだった・・・
ドタバタ満載の短篇集。全7篇収録。


『夜を走る』
全篇大阪弁一人称で語られる。主人公はタクシー運転手。
大阪弁でおもしろおかしく書いていながらチクチクと世相を斬るところ、筒井文学の真骨頂。
後半、ホステスを強姦しようとする場面はちょっとモタつき気味だが、全体的にはリズム感がある文章なのでスイスイ読める。

『たぬきの方程式』
この作品って、オチを考えついてから創作したのではないだろうか。
とにかく強引な状況設定。ドタバタを展開し、最後におとなしく終わりそうに思ったところで強烈なオチ。
好きなパターンだなあ。

『国境線は遠かった』
これは最初から最後までフルスピードでドタバタが展開される作品。
チョコチョコ入るギャグも、クスリと笑わせられるものが多くてオレ好み。
大阪万博を茶化したりする場面に時代を感じてしまうが、小松左京氏が万博に関わっていたから、当時はSF作家みんなネタにしてたんだよね。
(2008.6.23読了)
ブログランキング
bookdairy80_15.gif

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

sidetitleプロフィールsidetitle

筒涸屋

Author:筒涸屋
札幌市出身・在住
戌年 射手座 B型 
右投右打 右四つ
好きな言葉:小春日和
2008.3.6開設

sidetitleブログランキングsidetitle
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる