いきいきごんぼZ 第7巻

陸井栄史 著 いきいきごんぼZ 第7巻(秋田書店 少年チャンピオンコミックス/2015年刊) 読了。

童貞魂は永久に不滅!!
号泣必至の最終巻!!

バカ3匹の痴態遊戯!!
不燃焼系DC(ダンシチュウガクセイ)ギャグ!!


いよいよ最終これにておしまい。
無印の1冊入れて全8巻、この手のギャグものとしてはいい頃合いでの終了のような気がする。
中だるみを感じさせず、ほとんどの話は高い水準の出来だったと思う。

リビドーさんは、さすが主人公を張るだけあって、最終回でやってくれましたなあ。
まさか委員長に告白するまでに成長するとは!
言うセリフを間違ってプロポーズになってしまった為撃沈してましたが、本編終わった後のおまけまんがでのやり取りからすると、こりゃ付き合い始めの様子だよねこれ。
リビドーの性格からして、委員長をネタに毎日シコりまくるが、実際本人には手を出せないパターンであるというのは想像に難くない。

テクノとイマキマキーはもう完全に周りからすると「仲良すぎじゃない?」って感じに見えるのだが、こういうのって、調子に乗っていざ正式に告白しようものなら「え、全然そんな気ないし」になる場合もあるので、このままフワフワした状態でいるほうが良いであろう(当事者談)。
ま、でもこの漫画の雰囲気では、イマキマキーのほうがテクノにハマってる感じがするけどね。


いや~でも最後まで壊れることなく終わってよかった。
初連載作品としては程よい長さで終われたと思う。
一般的な人気作品にならなかったのが逆に幸いだったのかもしれない。
変に引き伸ばして作者が追い込まれてしまうより、「もう少し読ませろよ」ぐらいの長さで連載終了したほうが良い。
これなら恐らく次回作もギャグ漫画でいけるっしょ。

スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

     

いきいきごんぼZ 第6巻

陸井栄史 著 いきいきごんぼZ 第6巻(秋田書店 少年チャンピオンコミックス/2014年刊) 購入。


6巻目ともなると、主人公以外のクラスメートの人となりに関する情報も蓄積されてきているので、作者もいろいろな角度から話を展開させやすくなっていると見えて、一話あたりの登場人物が多くなってきている印象。

三人組もそれぞれ、初期の頃と比べて女子との関わりも増えてきて、スクールカースト最低辺とは最早言われない勢いなのではないだろうか。

吏毘堂の進歩は目覚ましいものがあり、委員長に対して、石化してマトモに会話できない状態から、ロボ化することによって普通に言葉を発せられるようになった!
雨の中を一人下校中に、ウンコ漏らすという失態のあと、委員長と遭遇し、相合い傘してもらうという、地獄と天国を同時に味わうエピソードは涙を禁じ得ない。

枷井は、画力向上のため(彼の趣味は漫画を描くことなのだ)美術部に入り、リビドー、テクノと共にしない時間を持つようになったのだが、今のところ部活ではゲスな部分を見せず、各部員ときちんと交流している。
キモがられたりせず受け入れられた美術部において、果たしてまっとうなスクールライフを続けていけるのか、今後の美術部回には目を離せない。

技野については、もういいからイマキマキーと付き合っちゃえよと言いたい!
イマキマキーは何でか分からんがテクノのことを好いてます。
テクノ姉に進路相談しに来たと称してテクノが学校に置いてきたカバンを届けに来たり、テクノ姉を誘って買い物行ったり(テクノ本人も連れてくるよう姉と了解取れてた模様)、ちょいちょい嬉し恥ずかしエピソードがあった後、本巻最後に収録されたラブコメ回!
夏休み中、テクノ一人在宅の折、テクノ姉に借りてた本を返しに来たイマキマキー。
姉が不在の中、テクノ家に上がり込み、テクノがリビドー達に用意していたスイカを食べるイマキマキー。
食べた後、何くわぬ顔してテクノとゾンビ映画を鑑賞するイマキマキー。
帰れよと言われても、「えーヤダー もーちょっと涼む~~~」と居座るイマキマキー。
その後もイチャライチャラした展開が続きますが、この回のような態度を取られたら、ほぼすべての男は勘違いするであろう。


次巻はいよいよ最終巻。
実は6巻7巻一緒に買ったのであるが、6巻の感想を上げてからと思ってて、まだ7巻は読んでいないのである。
なので、ちょっとソワソワしながら今回の感想文を書きました。

テーマ : 漫画
ジャンル : 本・雑誌

     

いきいきごんぼZ 第5巻

陸井栄次 著 いきいきごんぼZ 第5巻(秋田書店 少年チャンピオンコミックス/2014年刊)購入。


5巻の表紙は真(リアル)まろ美。
真まろ美は、ひょんなことから吏毘堂を意識するようになったまろ美が、覚醒した姿なのだ!

普段はこんなん↓


今巻は上記のように、リビドーがまろ美に一瞬好かれたり、委員長と捨て猫を助けたり、それきっかけでクラスメートに冷やかされたりと、リビドーの女子絡みのエピソードが目立った。
だが委員長との話は、作者言うところの「無自覚な悪意」による展開なので、こういう状況に置かれたリビドーと委員長には同情を禁じ得ない。

一方、テクノは、夜のトレーニング中にイマキマキー達と遭遇してしまい、イマキマキーを家まで送ることになったり、イマキマキーがテクノ姉と仲良くなったりと、着実にイマキマキーとの距離が近づいてる感がある。
うらやましいことよ。

枷井は今までと変わらず、ブレずにゲスい。だがそれが、ちょっとフワフワしそうな作品世界を、ゲスい方向に引き戻してくれるので頼もしい。



カバー表紙をはずすと、なんとも悩ましい姿の真まろ美が!!


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

     

いきいきごんぼZ 第4巻

陸井栄史 著 いきいきごんぼZ 第4巻(秋田書店 少年チャンピオンコミックス/2014年刊)購入。


第4巻の表紙はテクノ姉。
ちょっと気だるい感じの顔つきがちょいエロな雰囲気でよろしいです。

今巻は、わりとテクノが活躍した印象。
というのも、なんかイマキマキーとラブコメチックなやりとりがあったので。
これはハタから見てたら、イマキマキー、テクノに気ぃあるやろーという感じ。
テクノさん果報者ですわ。ただ本人は、弱みを握られて弄られるのが鬱陶しいと思ってそう。
学校サボってコンビニでエロ本立ち読みするところを見られたのだが、まあ思春期に異性にそんな所見られたら恥ずかしいわな。

数話あと、クラスメートに、寝ぼけて教室から飛び出したことや、自販機の前で回し受けの練習をしていたこと(ともにZ2巻)など、過去のテクノの面白エピソードで盛り上がる場面があった時、イマキマキーにこの時のことをバラされそうになったのだが、イマキマキーがみなまで言わずにぼかして話を終わらせたところに、秘密を共有してますメッセージを感じたのは考えすぎであろうか。

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

     

いきいきごんぼZ 第3巻

陸井栄史 著 いきいきごんぼZ 第3巻(秋田書店 少年チャンピオンコミックス/2013年刊)購入。
いきいきごんぼZ3

3巻のカバー表紙は竹林椿(通称ちんちくりん)ちゃん。
この娘は、ちょっとしたことでも爆笑してくれるとてもいい子です。

『Z』も3巻に突入して、今まで絡みのなかったクラスメイトとの描写があったりして、どんどん楽しくなっている。
 
リビドーが、委員長とちょっと会話が出来たことを物凄く喜んでいる場面を読んだりすると、自分の中学時代のことが思い出されて気恥ずかしくなったりもする。
クラスメイトの八尾治郎(通称おやっさん)が、イマキマキーとちょっと手が触れたり、コミュニケーション取ったりしたときに異常に喜んだりするところを読むと、懐かしく思ったリするが、当時、そういうことがあっても表に出さないようにしていたつもりであるのだが、端から見てたら丸わかりだったのだろうなと思うとスゲー恥ずかしい。

この作品は、ギャグマンガとしてのレベルは高いものがあるが、大人が読むと自分の黒歴史をちょいちょい思い出す恐れがあるので、気持ちに余裕がない時に読むと心がへし折れてしまうかもしれない。

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

     

いきいきごんぼZ 第2巻

陸井栄史 著 いきいきごんぼZ 第2巻(秋田書店 少年チャンピオンコミックス/2013年刊)購入。

20140830232536ba9.jpeg
〈主な登場人物〉
吏毘堂猛(りびどうたける) 自称「おっぱいソムリエ」
枷井法経(かせいのりつね) ひとつ上の男
技野(てくの) アクティブに消極派

今木麻紀(イマキマキー)
竹林椿(ちんちくりん)
委員長(図書委員)
公家まろ美(ゐとをかし)



主人公三人組の中で、わりと常識派に見えていたが故に、前巻まで地味な印象のあったテクノであるが、ゾンビに襲われることを想定して日々鍛練に勤しんでいたり、テクノ姉が登場したり、テクノの人となりが紹介された巻であった。
その他にも、同じクラスの生徒の絡みが出てきて名前が紹介された人とかもいて、これからだんだん話の幅が広がってきそうだ。

画像の通り、(三バカの顔が大きすぎるが)カバー表紙が委員長で、一巻の時のように中の表紙がセクシーショットであることを期待したのだが





















ゴンボZ2巻中
作者のバカヤロー

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

     

いきいきごんぼ/いきいきごんぼZ

入院時の収穫。
病棟の談話スペースに雑誌が数冊置いてあって、その中にチャンピオンがあった。
ひょいと覗いて見ると、愉快な漫画があったのがこれ。



最初『いきいきごんぼ』のタイトルで連載していて、途中からいきなり『いきいきごんぼZ』となり、今に至っている。
内容は、スクールカーストの低辺に属する三人の中学生の思春期ライフを描くウ○コ・チ○コ系ギャグ漫画。
オレは今のところ、上記画像の2冊しか読んでないのだが、勢いにまかせたギャグストーリーの中に、童貞期特有の、女子に対する自意識過剰な反応などが描かれていて、中学生当時のトラウマがよみがえって心が抉られる部分もある。

絵柄としては、コロコロコミックに掲載されてそうな雰囲気を感じた。
女の子は総じて可愛く、オレの好きなキャラは『Z』1巻の表紙にもなっている今木麻紀(通称イマキマキー)である。
ショートカットの髪型という見た目もさることながら、気が強い性格なところがとても良い。
カバー表紙をはずすと、イマキマキーの嬉し恥ずかしサービスショット。
(オレ的にはセーラー服でも十分サービスショットなんですがね)
20140907205059034.jpg


今のところ、既刊は第5巻までなので、なるべく早いうちに全部揃えたい。


ところで。
秋田書店のHPの『いきいきごんぼ』1巻の紹介文に、
“チャンピオン史上、最低最悪最下品!!”
と書かれていたのだが、そこまで下品でもないように思う。
オレが今まで読んだことのあるチャンピオン連載作品で、最も下品に感じた作品は『あんどろトリオ』です。

テーマ : 漫画
ジャンル : 本・雑誌

     

SKET DANCE 22 23 24

2月、3月、4月と3ヶ月連続のコミックス刊行

SKET DANCE22 SKET DANCE23 SKET DANCE24

24巻目にしてようやく3年生に進級しましたな。

23巻と24巻の表紙つながってるね。

それにしても3ヶ月連続でコミックス発売って、作者への負担が大きそうだよねえ。

やっぱ集英社って鬼だな(笑)




テーマ : まんが
ジャンル : 本・雑誌

     

こち亀連載35周年記念3冊同時発売

普通に両さんの新刊買いに行ったら

kochikame177.jpg
第177巻



連載35周年記念とのことで、他に2冊発売されてた。

kochikame_999.jpg
第999巻 13誌出張版
連載35周年記念企画として、集英社が発売している全漫画誌に、“出張版”として掲載された作品13本収録

SF短編集
秋本治SF短編集


1冊買おうとして書店にいったら、買うべきものが3冊だったとき。
もし自分が小学生だったら、正月明けまで我慢しなけりゃならない所だった。

大人でよかった(笑)

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

     

SKET DANCE 公式ファンブック

SKET DANCE 公式ファンブック 開盟学園生徒手帳(集英社/2011.9.7発行) 購入
sket_fan.jpg

こういうデータブックを読むのはわりと好き。

師匠の空知英秋氏との対談や、連載前の読切で発表されたプロトタイプのSKET DANCE(ヒメコがかわいくない!)が収録されていて読み応えアリ。

なによりコミックスサイズなのが読み易くてよい。
こち亀のデータ本『Kamedas』も所有しているのだが、デカいし厚いので寝ながら読めないからねえ。

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

     

SKET19 亀有175

「毎日更新するぞ月間」開催中

今日買ってきました。

sket19.gif
SKET DANCE 第19巻

kochikame175.jpg
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第175巻



SKET DANCE は今のところ13~19巻まで揃えた。
できれば来年中に1~12巻も揃えて、一回通して読みたい。

亀有は、高校生の頃までは、試験期間のたびに1巻から通し読みしてたものだが、
(まだ当時は50巻くらいだったから余裕で読めた)
今現在、通し読みする気力は皆無だ。




あぁっ、2日に分けて更新すりゃよかった。。。

テーマ : コミック
ジャンル : 本・雑誌

     

コースター

最近なんだか小忙しく、読書感想文を書く時間がない。

読み終えてる本は2冊ばかりあるんだけどね。

ブログの更新が滞りがちになるのが嫌なので、

何か話題になることがないかと思えど、これといって話題もなし。

なので今週買ったマンガの紹介でお茶を濁すことにする。

SKET18.jpg
SKET DANCE 第18巻


コースター
コミックスを買ったらついてきたコースター。
安形兄妹のイラスト。

今月はスケットダンスのことばっかりブログに載せてるなあ。。。

テーマ : コミック
ジャンル : 本・雑誌

     

『あまつき』 『隠の王』

中三娘に勧められて 『あまつき』(高山しのぶ/一迅社ZERO-SUMコミックス)読み込み中。

あまつき1 あまつき2 あまつき3
あまつき4 あまつき5

第5巻まで読み終えたのだが、内容がなかなか頭に入ってこない。
なぜなのだろうと考えたところ

登場人物の見分けがつかない

これは・・・
西洋人の顔がどれも同じに見えてしまう現象=おっさん化
なのであろうか
いやいや、絵柄になじんでないだけだよ、きっと。




これも勧められて読んでる 『隠の王』(鎌谷悠希/スクウェア・エニックス Gファンタジーコミックス)

隠の王1 隠の王2 隠の王3 隠の王4
隠の王5 隠の王6 隠の王7 隠の王8
隠の王9 隠の王10 隠の王11

これはちゃんと登場人物の見分けつきます。
忍者は好きなのでストーリーも把握できてますよ。
ただ、これを読んだのは数ヶ月前なので内容はあらかた忘れてるけど。。。
読み終えたのが11巻までなのかもあんまり自信ない。
娘がコミックス全巻買い揃えたら最初から読み直す予定。

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

     

SKET DANCE

2010年9月発売『SKET DANCE』15巻購入。
978-4-08-870103-5.jpg
今年の春ごろからハマッていて、コミックスを集めようと思い、
最初はブックオフで買い集めようとしていた。

だが、どこの店舗で探しても105円では売っていず。
なので、新刊で購入。
1巻~14巻は仕方なく250円とかで買い揃えていかなくてはならない。

以後は新刊出るたびに定価で購入するつもりであるが、考えてみればここ20数年
『こち亀』以外の新刊コミックスを購入したことがなかった。
オレに新刊購入を決意させたスケット・ダンス、侮りがたし!(笑)

978-4-08-870102-8.jpg
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』171巻も、もちろん購入。


備忘メモ:2010年9月現在、毎号欠かさず読んでるジャンプ連載作品
スケット団、両さん、銀さん、いぬまるくん、バクマン。

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

筒涸屋

Author:筒涸屋
札幌市出身・在住
戌年 射手座 B型 
右投右打 右四つ
好きな言葉:小春日和
2008.3.6開設

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる