室積光 『都立水商!』

室積光 著 都立水商!(小学館文庫/2006年刊) を読む。
都立水商!
水商売界に朗報! 前代未聞「お水の学校」設立!!
平成××年3月2日、東京都教育局は、水商売(風俗産業)に関する専門教育を行う都立高校を歌舞伎町に設立すると発表。
正式名称「東京都立水商業高等学校」。通称「都立水商」。
ホステス科、ソープ科、ホスト科など七学科で発足、プロ中のプロを講師に集めた水商だが、
入学してきた新入生は問題児ばかり―― 
彼らに水商売の未来を託すことはできるのか!?


これは非常に面白かった。
“水商売を学ぶ高校”、なんという設定だろうか。
女子の専攻科目は「ホステス科」「ソープ科」「ヘルス科」。
男子の専攻科目は「マネージャー科」「バーテン科」「ホスト科」「ゲイバー科」。
特筆すべきは「ソープ科」「ヘルス科」の校内実習!
ハンドプレイ実習だのフェラチオ実習だのと、夢のような授業である(笑)
そして「ソープ科」は、3年生になる時の春休み中に校外実習もあるのだ!
“本物の女子高生のサービスを受けられるうえに安い”って描写が凄い。
オレだったら実習期間中毎日通っちゃうなあ(笑)

物語の前半は、こういうエピソードが並び、ユーモア小説全開なのである。
そして後半は、野球部が甲子園で優勝するまでを追った青春小説へと移行。
話の展開のしかたが上手だなあ。
始めからおしまいまで、楽しく読める物語であった。
(2011.11.4読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

山田風太郎 『忍法創世記』

山田風太郎 著 『忍法創世記』(小学館文庫/2005年刊) を読む。
忍法創世記
伊賀と柳生の境にある月ヶ瀬に伊賀から花嫁行列、柳生から花婿行列が同時に到着した。
今まさに奇妙な和合合戦がおこなわれようとしていた。
三組の男女が和合し、敗者が勝者に嫁入り、婿入りするというのだ。
柳生に剣法、伊賀に忍法が誕生した由来を描き、すさまじい三種の神器の争奪戦が繰り広げられる。
長い間抗争を続けていた柳生vs伊賀の戦いは南朝vs北朝の戦いへと・・・


この作品、正直ノリきれなかった。
柳生に剣法、伊賀に忍法が誕生した由来というのが、比較的前半でもう語り終えちゃってる。
で、由来って言っても、中条兵庫頭が柳生家に剣法を教え、
楠木正成の遺臣が、服部家の娘たちに忍術を教えるという、わりとストレートな設定。

本題は三種の神器の争奪戦。
ところが、柳生も伊賀もどちらも南朝方であるってのが物語をわりと複雑にしている。
柳生は「南朝が北朝に屈する時は神器を奪ってしまえ」という過激派の大塔衆と、
伊賀は「もし大塔衆が神器を奪おうとする時は未然にこれを防ぎたい」とする菊水党と行動をともにする。
あとはまあ、柳生・大塔衆vs伊賀・菊水党の剣法忍法勝負になるのだが、
闘い自体は他の忍法帖作品に比べると、わりと低調な感じがした。
ただ、物語の後半、大塔の宮の曾孫である牢姫というお姫さまが登場してからクライマックスに向けては
高テンションで読みすすめられた。
(2011.9.30読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

室積光 『ドスコイ警備保障』

室積光 著 『ドスコイ警備保障』(小学館文庫/2006年刊) を読む。
ドスコイ警備保障
社員は全員、元力士。史上最強の警備会社が誕生した。
名づけて「ドスコイ警備保障株式会社」。
きっかけは、引退後の力士の就職先に心を痛めた相撲協会理事長・南ノ峰親方の親心だった。
立会いのスピードはオリンピックの短距離選手級、体重百キロを軽く超える肉体、しかも全身筋肉。
この警備会社の社員には、少々の凶悪犯では絶対に敵わない。
元スモウレスラーのガードマンなら外タレのウケも抜群。
予想外の展開に、読むのを止められなくなるほど面白い、結末は大感動の上質エンターテインメント!


ちょうどタイミングいい時期に読んだなあ。
野球賭博、八百長で廃業した人たちで警備会社やったら流行るだろうね。
この作品では社員の中で最高位が十両なのであるが、現実にやるとしたら元大関がやることになるからねえ、これは最強です。

オレは、ユーモア企業小説を描く作家の中では、かんべむさし氏が一番楽しくて好きなのであるが、室積光氏もかんべ氏に迫る面白さ。
最初、「藤井興産」という会社の独身寮を、「ドスコイ警備保障」の事務所兼社員寮にしたのだが、藤井興産の独身社員が一人だけ同居することになってて、その人がデブ。
その人を見た元力士の社員たちが、「これか、ただのデブって」「初めて見た」という会話をかわしてるのが妙に可笑しかった。
あと、マーク・ジョンソンというアメリカのミュージシャンのボディガードをするエピソードがたいへん愉快だった。
(2011.2.15読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

sidetitleプロフィールsidetitle

筒涸屋

Author:筒涸屋
札幌市出身・在住
戌年 射手座 B型 
右投右打 右四つ
好きな言葉:小春日和
2008.3.6開設

sidetitleブログランキングsidetitle
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる