「荒巻義雄の世界」展

3/8、北海道立文学館に行ってきた

1394290929090.jpg 1394290937246.jpg
 
お目当ては「荒巻義雄の世界」展
1394290911711.jpg NCM_0103.jpg

中は撮影不可なので入口だけ撮影
1394290948449.jpg

荒巻氏が影響を受けた本や絵画が展示されていたり、創作メモや取材旅行の写真などが展示されていて興味深かった。
あと荒巻作品の本もずらっと陳列されていたが、ノベルスで出したやつで文庫になってないのがけっこうあるなあ。
早急に文庫化を望む。



スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

北海道開拓記念館

3月7日(日) 北海道開拓記念館へ。
あいにく朝から雪模様。寒い寒い。
建物外観

記念館



常設展示は、縄文時代からアイヌ文化の紹介、和人の支配、明治時代の開拓~戦争・戦後と順を追って展示。
アイヌ住宅の復元展示を撮影したかったのだが、薄暗かったので断念。
唯一撮れたのが大正時代頃の汽車の内部復元。
汽車
客室内にストーブが据えられている、THE北海道な汽車なのであるが、ストーブ写ってないね


北海道開拓記念館は道立野幌森林公園内にあるので、緑に囲まれ、野鳥もさえずるとっても気持ちの休まる所なのだ。







夏はね。
森

リーフ&半券

北海道開拓記念館
札幌市厚別区厚別町小野幌53-2

続きを読む

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

つきさっぷ郷土資料館

門

外観

外観2

つきさっぷ郷土資料館の建物は、昭和16年に建てられた日本軍の、北部軍司令官官邸。
レンガ造りのなかなか重厚な建物。

「つきさっぷ」の名は、明治4(1871)年に開拓使が命名。漢字は「月寒」と書く。
昭和19(1944)年、字名改正により読み方が「つきさむ」となる。



館内は、1号展示室(農耕具)、2号展示室(軍関係)、3号展示室(古文書)、4号展示室(民具)にコーナー分けされている。


開拓
1号展示室。開拓時代からの農耕器具などが所狭しと並ぶ。


軍隊
2号展示室。吊るされてるプロペラは、陸軍甲式4型戦闘機のプロペラ。木製だ。
展示内容は他に勲章、軍服、歩兵銃から弁当箱、千人針、寄書き入り国旗など、さまざまな戦争グッズが。明治~昭和の各時代のものが一緒に展示されている。
軍隊2
月寒というのは軍隊の街で、明治29(1896)年に歩・砲・工兵の野戦独立大隊が置かれた。その後明治32(1899)年、歩兵第25連隊となる。アンパン道路建設に従事したのが第25連隊。



4号展示室。明治~昭和の生活品を展示。
民具 民具2

民具4 民具3

オレが最近とても欲しいと思っている火鉢。持って帰りたかった。
火鉢



外には石碑が。
石碑


木  リーフ

つきさっぷ郷土資料館
札幌市豊平区月寒東2条2丁目3-9

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

あしりべつ郷土館

清田区民センターの2Fにある、あしりべつ郷土館。清田地区の昔日をしのぶことを目的に開設。
区民センター  入口扉


大きく分けて、昭和初期、開拓期、縄文時代の区分で展示。
なんと大雑把な(笑)


生活道具
生活用品展示。とりとめのない感じがオレは好き。


旧家復元
開拓期の家屋の復元。
夫婦の人形の、生活に疲れている雰囲気がたまらない。
とくにおかみさんの姿勢がリアルだなあ。


ソリ
橇コレクション。
いろんな種類のソリを展示。

あしりべつ郷土館
札幌市清田区清田1条2丁目 清田区民センター2F

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

北海道開拓の村

3/31(火) 北海道開拓の村に遊びに行く。平日のため、超すいていて、ゆっくり見学。
開拓の村入口

「開拓の村」は、明治・大正期に建築された北海道の建造物を、54haの敷地に復元・再現しています。
開拓当時の生活を体験的に理解してもらうことと、文化の流れを示す建造物を保存し、後世に永く伝えることを目的とした野外博物館です。
開拓時代の人たちの意欲あふれる知恵と努力を見ることができ、建造物一つ一つが開拓当時へ導いてくれるでしょう。

(リーフレットの紹介文より抜粋)


出入口は旧札幌停車場。明治41年~昭和27年まで親しまれた建物を再現。
旧札幌駅2


明治6年建築、明治12年焼失の旧開拓使札幌本庁舎。
開拓期の役所の建物は色使いが新鮮。
旧開拓使札幌本庁舎


旧信濃神社。明治30年建立、「一間社流れ造り」という様式とのこと。
旧信濃神社鳥居 旧信濃神社1

狛犬2 狛犬1


泊村にあった旧武井商店酒造部の内部。明治19年。
酒造


旭川の旧来正旅館。大正8年。2階の座敷で開拓使の役人風のおっさん二人が会話していた。
旧来正旅館


寒かったが楽しかった。
風景


帰りにもう一度旧札幌停車場。お疲れさまでした。
旧札幌駅

北海道開拓の村
札幌市厚別区厚別町小野幌50-1

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

sidetitleプロフィールsidetitle

筒涸屋

Author:筒涸屋
札幌市出身・在住
戌年 射手座 B型 
右投右打 右四つ
好きな言葉:小春日和
2008.3.6開設

sidetitleブログランキングsidetitle
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる