スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅暮三文 『夜聖の少年』

浅暮三文 著 夜聖の少年(徳間デュアル文庫/2000年刊) を読む。
20151124234105b75.jpg
発光する光… それは人が〈大人〉になる儀式のためのシグナルだった。
抑制遺伝子を移植され、清廉な社会の一員となるという義務ーーー それを拒んだ少年たちは、土竜と呼ばれていた。
日の当たらぬ地下に住み、いつも腹を空かせ、秩序を守る炎人から逃げ回る日々。
しかし、そんな土竜の一人だったカオルが、閉鎖された研究室で、謎の巨人を見つけた時、封印されていた真実が解き明かされ始める。
僕は誰なのか? この世界は正しいのか? 少女マリアと二人で探索の旅に出たカオルが知ったこととは……


著者はあとがきで「科学に関して理解力がないのでSFは書くのに困るジャンルだ」と述べているが、なに、読者もほとんどの人が文系であるだろうから、科学に対する理解力がないのは読者も一緒だ(笑)

本作は著者にしては珍しく、実験的要素が皆無なオーソドックスなSF物語であった。
世界から暴力を排除するために「抑制遺伝子」を移植する管理社会と、それに抵抗する若者たちとの闘いを描く話。
科学的な設定などはさておき、主人公カオルがピンチにつぐピンチを切り抜けていく成長物語である。
全篇通して、どんよりとした雰囲気の話の進み方であったが、ハラハラする場面もあって概ね楽しめた。
ただ、わりと分量のある本だったにもかかわらず、のっぺりとした読後感だったのは、いささかオーソドックスすぎる展開であったからだろうか。
(2016.2.21読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

北野勇作 『ザリガニマン』

北野勇作 著 ザリガニマン(徳間デュアル文庫/2001年刊) を読む。

『有限会社ムゲンテック』の社員トーノヒトシは、「人類の敵」を開発する最中に、謎の爆発事故に巻き込まれた。
破壊された機材、飛び散った現実。
生体素材(ザリガニ)と人間(マン)とのインターフェイスは思いがけない事態に発展、彼は「正義の味方」ザリガニマンになってしまったのだ。
ゆけ、トーノヒトシ!戦えザリガニマン!


物語世界の現実と虚構が混乱し、最終的に、どれが現実のエピソードで、どれが虚構のエピソードなのかよく分からなくなっていく小説。
こういう感じの物語はわりと好きな方なので、読むのは苦ではないのだが、この『ザリガニマン』に関しては、後半の展開が急なので読むのが面倒くさくなった。

生物を素にして造られた模型と人間が意識を同調させるとか、記憶を切り取るシステムとか、ハードなSFに仕立てることができそうな材料を、こういうソフトなぐだぐだ話にしてしまう作者の姿勢が好き。

ストーリーが動き始める前の、会社で働いてる様子や、休日前のひとときの雰囲気がなんか良かった。
(2015.3.17読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

北野勇作 『かめくん』

北野勇作著 『かめくん』(徳間デュアル文庫/2001年刊) を読む。
かめくん
かめくんは自分がほんもののカメではないことを知っている。
ほんものではないが、ほんもののカメに似ているからヒトはかめくんたちのような存在をカメと呼んでいるのだ。だからカメではなく、レプリカメと呼ばれたりもする。
かめくんは「木星戦争」に投入するために開発されたカメ型ヒューマノイドなのだ。


著者の作品を読むのは初めて。読みやすい文章でオレの好みに合っている。

ロボットが日常生活を送るエピソードを重ねていくという、まあ地味な物語であるのだが、大多数の日本人にとっては『ドラえもん』以来、伝統の(?)世界観であり、飽きのこない構造である。
このかめくん、HONDAのasimoが、しょってる四角いやつを甲羅に換えて、フェイスを表紙イラストのようにしたら出来上がるなあ。

話が進むにつれて、かめくんの素性がだんだん分かってくる展開が楽しい。
ゆるやか系な物語であるが、SFとして案外かっちりとしていて読み応えあり。
(2008.8.12読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

sidetitleプロフィールsidetitle

筒涸屋

Author:筒涸屋
札幌市出身・在住
戌年 射手座 B型 
右投右打 右四つ
好きな言葉:小春日和
2008.3.6開設

sidetitleブログランキングsidetitle
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。