ピノ 香ばしアーモンドキャラメル

ピノ 香ばしアーモンドキャラメル

キャラメルとアーモンドの絶妙なバランスが
うみだすクセになる味わい




キャラメルだけでもオレ好みなのに
アーモンドまで投入とは恐れ入る。

超美味です!

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ガールズ&パンツァー ドラマCD 「今度はドラマCDです!」

ガールズ&パンツァー ドラマCD 今度はドラマCDです!(2013.5.29発売) を購入。


01 クイズ大会です!
02 風紀です!
03 自動車です!
04 ダージリン様の格言集です!
05 プラウダvsサンダースです!



昨年劇場版を観に行って以来、すっかりハマっていまして。
これからボチボチと周辺商品を収集していこうと思っているのです。

テーマ : ドラマCD
ジャンル : アニメ・コミック

北海道コンサドーレ札幌公式グラフ2016

『北海道コンサドーレ札幌公式グラフ2016』(北海道新聞社/2016.12.16発行) を購入。


何と3度目のJ2優勝。
エレベータークラブの面目躍如です。
今年は何がなんでも残留を果たし、J1定着への第一歩として欲しいものです。

去年は2回観戦に行き、1勝1分。
今年も数回行きたいです。
アウェー観戦というものをしたことがないので行ってみたいなあ。

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

小鷹信光 『アメリカ・ハードボイルド紀行』

小鷹信光 著 アメリカ・ハードボイルド紀行 マイ・ロスト・ハイウェイ(研究社/2011年刊) を読む。
2016112620462866c.jpg

 「旅」と「ハードボイルド」と「コレクション」をモチーフとして、著者が50年にわたり全身で感じとってきた「アメリカ」。
探偵小説、フィルム・ノワール、西部劇など著者の十八番の素材を究めるばかりでなく、メンズ・マガジンのグラビア文化、〈ルート66〉が象徴する放浪の文化史、ポストカードやロードマップといったささやかな事物に滲み出るアメリカ的感性など、マニア向けのテーマも盛り込み、図版も豊富。


ミステリーについての記事は左程なくて、著者が体験した「アメリカ」についていろいろな角度から述べているおもしろ雑記。
若い頃は西部劇に凝っていたそうで、封切りの新聞広告を切り抜いて集めていたり、メンズマガジンの蔵書が何千冊にもなっていたりと、コレクターとしての自己紹介記事は面白かった。
ルート66を走破した記録も、TVドラマ「ルート66」のエピソードを紹介しながら記されていて非常に興味深く読んだ。
最高に面白かったのは、古絵葉書(1900~50年代くらい)を持参し、当時と現在とを見比べる旅。
著者は、自身が“メインストリートもの”と呼んでいる、その町の目抜き通りをあしらった絵葉書を中心に収集していて、その場所に訪れる趣味があったとのことで、これはさぞかし楽しいだろうと思う。
広く「アメリカ」に魅せられた著者が躍動している一冊。
(2016.11.26読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : 図書館で借りた本
ジャンル : 本・雑誌

久しぶりの更新です

随分長い間更新が滞っておりました。
前回の記事が9/30なので、約2ヶ月ぶりの更新であります。
ちょっとブログをお休みしている間に
ファイターズが日本一になったり、
コンサドーレがJ1昇格&J2優勝を決めたり、
ガルパン最終章が全6章であると分かったりして、
何かと気忙しくしておりました。

本来、そんな程度でブログの更新が出来なくなるはずは無いのですが、
実は、読了した本がなかったんですねえ。
以前から眼鏡が合わなくなって、字を読むのが億劫なのであります。
ちびちびとは読んでいるものの、数ページ読むと疲れちゃうのです。
で、この度ようやく一冊読み終えたので、近いうちに読書感想文をアップします。

久しぶりに文章を書いたので、これだけでもえらい時間かかった~。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2016年9月読了本

〔図書館本〕1冊
斎藤宣彦 『マンガの遺伝子』(講談社現代新書)

先月はずっと夏バテだったのでまったく本を読む気力がなかったです。
今月は今月で、無気力のため1冊しか本を読めなかったのでした。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

斎藤宣彦 『マンガの遺伝子』

斎藤宣彦 著 マンガの遺伝子(講談社現代新書/2011年刊) を読む。

さらに深くマンガを楽しむ!
利き腕ではない手で描かれたマンガ描写とは?/アシスタント経験が作風を決める!?/太宰治『人間失格』が、今流行の「マンガ家マンガ」の源流?/『サイボーグ009』はなぜ9人?/野球マンガの魔球が料理マンガを生んだ?
名作、古典からギャグマンガ、マンガ家マンガまで、意外な系譜をあぶりだす入門書。


本書の特徴は、マンガについてのすべてを語ろうとせずに、著者が気になった事柄について掘り下げていくスタイルを取っているところであろうか。
『マンガの遺伝子』というタイトルは、つながり、受け継がれてゆくことを重視したとのこと。

太宰治『人間失格』は、現在の“マンガ家マンガ”の隆盛に密かにつながっているという論。
これは職業としてのマンガ家のスピリットの系譜を語ったもので、『漫画家残酷物語』『まんが道』『男の条件』『燃えよペン』『バクマン。』などが例示されていて、なかなか興味深かった。

スポーツマンガ(特に野球)から料理マンガへの変遷。
これは表現技法を語ったもので、『巨人の星』『アストロ球団』などにおける魔球などの過剰表現は、料理マンガに採り入れられているとする論。
こういうことは、取り立てて考えずに読んでいたので、なるほどなあと思った。
どちらのジャンルにも、荒唐無稽なものとリアルなものがあるが、どっちも面白いよねえ。

あと、少女マンガにおける「花」であるとか、「描線」についてなど、少々アカデミックなテーマにも触れられていて、なかなか充実した内容であった。
(2016.9.23読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン

テーマ : 図書館で借りた本
ジャンル : 本・雑誌

週刊少年ジャンプ 2016年42号

週刊少年ジャンプ 2016年42号』(集英社/10月3日号:通巻2379号) 購入。


いよいよ最終話なので記念に購入。
何がすごいって連載中に一度も休載が無いというのが大偉業だよなあ~。

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

J2第31節 札幌vs群馬

こないだの日曜日、今シーズン2回目の観戦に行ってきました。



会場は厚別競技場。
ドームも良いですが、天気のいい日はやっぱり屋外が気持ちいい!



結果は3-1で勝利!
今節終了時点で勝点69。堂々の首位であります。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

千歳基地航空祭2016

8月7日、千歳基地航空祭に行ってきました。
エライ天気良くて、エライ暑かったでした。
小学生の時以来に見たブルーインパルスに感激でした。

20160809212929950.jpeg 2016081112144254f.jpeg
201608111158228a5.jpeg 20160811120221272.jpeg
20160811120348db3.jpeg

2016081112125213d.jpeg 2016081112113442f.jpeg

20160811115950388.jpeg 20160811120102dd1.jpeg

201608111205042e5.jpeg 20160811120602828.jpeg 20160811120658f61.jpeg

20160811120947bf7.jpeg 20160811121031e3e.jpeg

20160811121634a3a.jpeg 20160811121344f11.jpeg

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

筒涸屋

Author:筒涸屋
札幌市出身・在住
戌年 射手座 B型 
右投右打 右四つ
好きな言葉:小春日和
2008.3.6開設

sidetitleブログランキングsidetitle
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
blogram投票ボタン
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる